ブログトップ

月明かりに照らされて

つるんっ

よう 振るなあ



夜は帰られへんなあ
[PR]
by marslapin | 2008-12-26 18:20 | ブログ | Comments(0)

なかなか家庭と仕事の事情でツーリングに行けない僕にとって



近場のチョイ乗りがちょっとした息抜きです



先日、お隣の日野町を走ってきました。



いつもは走りすぎる場所がふっと目に留まりました





佐久良城とあります



甲賀圏域 鈴鹿山麓圏域には山城が多数あります。

歴史的には甲賀武士 近江武士というんでしょうか

戦国武将の蒲生氏郷もその一人です。



城跡を探検することにしました







ほぼ山道です











石塁を発見しました。









 

そして、山頂付近

思わぬところに谷を発見しました



とても良い眺めで

鈴鹿の山々はもちろん 近江富士 比良山 

晴れれば伊吹山も見渡せそうです



その谷に林道を発見しました

行って見ることにしました。



走ると永源寺に通じる農道に遭遇しました。



久しぶりに永源寺ダムに行ってみることにしました。









橋の上から見た 永源寺ダムに注ぐ主流の愛知川です



高さは50メートルはあるでしょうか

こうしてのぞくと落っこちそうで怖かったです。



そのまま、旧のR421を走ってみることにしました。

ちょうどダム湖を周回することになるんですが、

この道は初めてです







ダムができるまでは

おそらく主道として永源寺の人たちに使われていたものと思われます。

まさしく永源寺の裏山を走ることになります。昔はお伊勢参りや多賀参り

あるいは、都に行くのに

使われていたものと思われます。



この山道を思うと

以前訪れた茨川がほんとに山奥やったんやなと思います。

そう思うと、未だ健在の政所の生活力はすごいなと思います。



道沿いにピンと来る場所がありました。

近寄ってみると お墓でした。











近寄ると 墓守のアブがぶ~んとどこからともなく

やってきて行く手をさえぎります。





説明文を読むと 小倉賓澄 のお墓 とあります。



偶然にも 佐久良城の城主のお墓でした。



「ワシが城主の小倉賓澄じゃ」と言われたようでした。



それとも 私の前世が小倉賓澄なんでしょうか?



真実は闇の中です。誰かこのミステリーの謎を教えてください。









 






[PR]
by marslapin | 2008-12-15 19:45 | ブログ | Comments(0)

ん? ススキか…?

今日はお休みやったんですが



仕事で行かなければならないところがあって



その帰り道



ちょっと遠回りして帰り道 ススキが…



思わずパチリ





最近は紅葉の時期が遅くなっているようなきがしてたんやけど



この時期にススキって生い茂ってたっけか?



と思いつつ





それにしても

ようやく寒くなりました
[PR]
by marslapin | 2008-12-07 00:26 | ブログ | Comments(0)